ファミリータッチケア ひまわりの家について

初めまして♪


家族ができるタッチケアを合言葉にベビーマッサージ・タッチケアをお伝えしているよしだまさみです。


お子様にもお名前を覚えていただけたら嬉しいな~と思い、ひらがな表記にしています。


私がタッチケアを始めたのは、息子が持つハンディがきっかけでした。


病気がちで極度の便秘、原因不明の発達遅滞、目を合わせる事も難したった息子。


入退院を繰り返しては、母親として情けなく、子どもにしてあげることは、ないのだろうかと落ち込む日々でした。


そんな中、言葉を使わなくてもできるコミュニケーションツールにタッチケアがあることを知りその魅力に魅了されていき、ベビーマッサージインストラクターの資格を取得しました。


みるみる息子の体調は良くなり、目が合うように。


そして、にこっと笑うようになったのです。


ベビーマッサージをたくさんの方にお伝えしたい!!と活動している中、ご依頼を頂き、長崎市の子育て支援センターにてレッスンをさせて頂くこととなりました。


そしてタッチケアの世界的権威のあるティナ・アレン先生より障がいや病気のあるお子さんのためのタッチケアを学びました。


『全ての子どもに愛あるタッチを』


ティナ先生が言われた言葉で私が大好きな言葉です。


タッチケアでいま大切な人へ『あなたを大事に想っているよ!』を伝えませんか♪



Profile

ファミリータッチケア ひまわりの家 

主宰  吉田 雅美 よしだ まさみ


知識を深めるため、様々な協会でベビーマッサージインストラクターの資格取得しながら、国際リドルキッズ協会で特別なケアが必要なお子さんのためのタッチケアを学ぶ。

その後、JABC認定ベビーマッサージトレーナーとしてたくさんのインストラクター卒業生を輩出。

5人の息子を持つ子育て中の母です♪

子育ての目線からお母さん方に喜んで頂けるようなclassを行うよう努めています。


2003年 長男出産

2009年 次男出産

2011年 三男出産

2013年 四男出産

2017年 五男出産

2014年 タッチアワード最優秀賞受賞

2016年 米国発特別なケアが必要なお子さんのためのタッチケア第一人者ティナ・アレン先生を長崎へ招致し、NPO法人おなかの赤ちゃんヘルプライン・国際リドルキッズ協会を共催で長崎ブリックホールにて講演会を開催。

テレビ・ラジオ出演

新聞・雑誌に掲載される。

2018年 ずっと念願だったチャレンジドファミリーのための長崎市チャレンジド子育て支援センター「にじのくに」開設


忙しいチャレンジドママのための

~毎日、お茶を愉しむ時間をつくりだせるようになる~

「時間」「ストレス」「マインド」「夢」など人生において重要なテーマを知り学ぶ講座がスタート!!

LINE@登録してくださった方限定お知らせ配信中!!


LINE@にてクーポン・ショップカード、クラスの情報などを発信しています♪

良かったら、お友だちになってください。

Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。